ルテイン 効能

 

ルテイン 効能
 

ルテイン 効能

ルテインはビタミンAと共に私たちの目の健康と最も密接な成分であって、視力健康を気にしてる方がよくお探しされる健康補助食品でもあります。 目を構成している網膜と水晶体に蓄積されるルテインはカロテノイド成分であって、私たちの体から自主的に合成及び生成されことはありません。 外部の飲食及び食品を通じて摂取することにより、目の健康をより長く保つことができます。現代社会は多くの視聴覚媒体により、目の疲労と目の健康がいつもの時代より重要視されています。このような社会構造により、'要チェック栄養成分'である目のための栄養成分、ルテインの効能について詳しく調べていきましょう。

ルテイン 効能1 目の保護

私たちの目を保護するルテインの効能は網膜と水晶体に蓄積され、自分の機能を遂行します。ルテインの効能は外部から入ってくる紫外線から私たちの目に露出される青色光、いわゆる'ブルーライト'を吸収し、目の健康を守ります。ルテインの効能として私たちの視神経細胞が損傷され、視力低下につながる過程を予防し、視力を守れるようサポートします。これは黄斑色素の密度を増加させ、ブルーライトを防ぐことにより、視覚、すなわち視力機能及び効果を改善します。
ルテイン 効能

ルテイン 効能2 誇大広告には注意

キサントフィルの一種であるルテインは植物やその他キサントフィルで合成が可能です。ルテインは目と肌、心臓、脊椎、皮膚組織に集まっていて、特に目を保護し、活性酸素を参加させる役割を果たしています。ルテインの効能で、上記説明通り私たちの目の健康を守ってくれる効能は確かにありますが、機能性表示食品の原材料の説明の際、'ルテインが白内障も予防する'という言葉は誇大広告のため、注意が必要です。

 ルテイン 効能

ルテイン 効能3 自然食品

 

ルテインの効能を自然食品として実感したい場合、濃い緑色葉っぱの野菜流の摂取が必要です。例としてキャベツ、ほうれん草、白菜、ケール、ブロッコリー、サンチュ、トウモロコシにたくさんのルテインが含有されています。自然食品を通じてルテインをたくさん摂取できる方はルテインサプリを別途購入・摂取して頂かなくてもよいですが、一般的に現代の食生活でたくさんの濃い緑色葉っぱの野菜を摂取するのは難しいので、サプリでの補助摂取が推奨されています。

 

ルテイン 効能4 効能の真実

私たちの視覚機能と密接な関連があるルテインの効能は25歳以降減衰して行くと知られています。25歳以上の成人が喫煙者である場合、私たちの体からルテインが減衰して行く速度は2倍以上と知られているため、まだ喫煙をされている方は目の健康のためにも禁煙してみるのもいいかもしれません。年を取っていくことに伴ってルテインは私たちの目の健康のために必ず摂取必要な栄養素でもあります。しかし、ルテインの効能目の健康を維持してくれるということであり、悪くなった視力を回復してくれることではありませんので、必要な場合、遅くなる前に摂取することを推奨します。

 

 ルテイン 効果

ルテイン 効能5 1日の摂取量

ルテインサプリはたくさん市販されています。ルテインを摂取する前に一日中どれくらいの量が適切か調べる必要があると思います。

JECFA(Joint Expert Committee on Food Additives)によると、ルテインの1日最大摂取量は体重50kgの場合、100mgまでは摂取が可能と発表しています。

アメリカで2013年から2014年まで調査した資料によると、アメリカの成人は1日約1.7mgのルテインを摂取していると発表されています。また該当調査では一日摂取量を6mg~10mg内としたときにルテインの効能が現れたと発表されています。

 

 

ルテインを含む30代女性に不足しがちな栄養成分を補助します。

mofis 1日6時間以上事務仕事をする30代女性のための健康食品 60日分