蛍光灯?LED?目の老化防止対策に向いている方は?

ルテイン 老化 効果 サプリ

目は私たちの体で老化が最も早く進む体内器官中の一つです。一生ケアしなければ老眼・白内障が早く進んだり、黄斑変性が起こることがあります。皮膚の保護のために日焼け止めを塗るよう、目も正しい方法で、着実に管理しなければなりません。



黄斑色素のケアの必要性

中年からの目の健康を守るために最も重要なことの一つは、黄斑色素の維持です。黄斑色素とは網膜の中心部にある黄斑を構成する成分で、有害酸素から目を保護します。黄斑色素は、25歳当たりから徐々に減少し始め、50代では密度が最高値の65%程度まで低くなり、その後も継続して減少します。黄斑色素は、紫外線を触れるとより減少する速度が速くなりますので、ちょっとした外出でもサングラスをかけて目が日光に直接さらされないようにする必要があります。

ほうれん草とケールなどの緑黄色野菜に多く含まれているルテイン、ビタミンA、植物栄養素の摂取も黄斑色素密度の維持に役立ちます。

 

参考情報  -  ルテインの効能(リンク)


照明疲労を軽減させましょう

眼球が疲れていれば、視力低下がすぐきます。したがって、目を楽にしてあげる必要があります。

室内照明をうまく使えば目の疲労を減らせることができます。蛍光灯は光が微細に点滅し続けるので蛍光灯の下では光を受け入れる瞳孔が継続的に収縮・弛緩を繰り返すことになります。したがって、瞳孔の調節筋が疲れやすくなります。

白熱灯は、ほとんどの場合、目の健康に最も適合する明るさより照度が高いので、長く目に触れると目がすぐ疲れてしまいます。

蛍光灯や白熱灯ではなく、室内ではLED照明の方が目疲れにはやさしいです。

LEDは自ら光を出す半導体で、TVやコンピュータのモニタに多く使われていましたが、最近は室内照明用として使用されています。 LED照明は光震現象が少なく、紫外線と赤外線を発しないので目の保護にやさしいです。


室内の湿度50%を維持しましょう


目が乾燥すると、角膜の表面が荒くなってしまい、前方がよく見えなくなります。

すると、前方をよく見えるようにするために水晶体が速い速度で焦点を調節しますが、この過程で目は激しい疲労感を感じてしまいます。

 

眼球乾燥は老眼の直接の原因ではありませんが、老眼を誘発する間接原因になるということです。目は湿度に特に敏感です。湿度が20〜30%になると涙液に負担がかかり、すぐ目が乾燥してしまいますので、特に秋など、乾く季節は室内の湿度を少なくとも50%程度に維持しましょう。