朝食メニューに困ったとき、4つのおすすめの食品

 

健康的な朝食は、毎日の元気を引き立ててくれます。定期的に朝食をとれば、肥満、糖尿病、心臓病などの疾患予防にも役立ちます。本記事では朝食べるとよい栄養補充となる4つの食品を紹介します。


トマト


トマトにはベータカロチン、リコピン、ルテインなどの抗酸化物質が含まれていて、血圧を下げる効果があります。血圧は通常、朝起きたとき上がるので午前中にトマトを食べると血圧の管理に役立ちます。また消化をサポートする成分も含有しているので、朝食後、デザートで食べるのもよいです。高齢者や低血圧の人はトマトを煮て食べるようにしましょう。トマトを食べると血圧が低下し、体が冷えることがあるためです。


蜂蜜

 

蜂蜜は約80%以上が糖で構成され単糖類です。そのため、他の食品よりも比較的容易にエネルギー源として吸収されます。朝蜂蜜を食べる場合、体の疲労回復にも有用です。蜂蜜は腸の運動を促進する効能があり、便秘の緩和にも有効です。蜂蜜が甘すぎて食べにくい場合は、お茶や牛乳に混ぜると食べやすいです。

 


ニンジン


ニンジンも朝の活力補充に有用です。ビタミン、カロチン、セルロースなど体に良い栄養素が豊富だからです。特にニンジンの皮にはニンジンの代表栄養素であるベータカロチンが多く含まれています。

 


ジャガイモ


ジャガイモは体内の粘膜を丈夫にしてくれるビタミンBとビタミンCなどが豊富です。また、ジャガイモのでんぷんは、胃を保護する役割も果たします。ジャガイモの効能を長く持続するためには、朝、胃酸の量がが少ない時、つまり空腹の時に食べるのがいいでしょう。