加齢臭の原因とその対策

加齢臭

 

加齢臭の原因はノネナールという物質です。ノネナールは皮脂中の脂肪酸が酸化されて作られた物質で、毛穴にたまると不快な臭いがします。若い時はあまり生成されないのですが、40代から老化によって加齢臭がしたりします。

年を取るほど代謝が遅くなり、活動量の減少と神経系の変性で汗の分泌量が減少するので、体はなおさらノネナールをたくさん排出しなくなるので加齢臭の程度はますます増えていきやすいです。

お酒をよく飲んだりとタバコをよく吸う方はより加齢臭がしやすくなります。飲酒はノネナールの生成を促進し、喫煙はその分解を抑制するためです。脂っこい食べ物の摂取も臭いを悪化させますが、消化力が低い高齢者は特に脂っこい食べ物の代謝物質が皮膚などに蓄積され、さらにノネナールの生成も促進されるためです。

加齢臭は完全にゼロにすることは難しいですが、生活習慣の改善によりある程度軽減することができます。

水をたくさん飲んで、太陽の下で頻繁に散歩をしましょう。また、下着を頻繁に着替え、脂っこい食べ物の摂取は減らしましょう。そして換気の頻度を上げ、石鹸と洗剤でまめに身体を洗いましょう。