オメガ3・ルテイン、効果を高めるスマートな取り方

オメガ3は食事直後摂取し、ビタミンEと一緒に撮った方がよいです。
中年の必須サプリとして知られているルテインとオメガ3、しかし、ルテインとオメガ3は目の健康には役に立ちますが、むやみに摂取し、むしろ健康を害してしまうことがあります。今日はルテイン・オメガ3のスマート取り方について調べていきましょう。

ルテイン、喫煙者は摂取を避けた方がよい

ルテインは視力を担当する'黄斑'の材料です。年を取ると人の中心視力を担当する黄斑を構成する色素が減り、視力が落ちたり黄斑変性症のような失明疾患の可能性があり、ルテインを摂取した方がよいです。黄斑のルテイン含有量は25歳当たりから減り始め、60歳になると半分以下に減少します。ルテインサプリは黄斑色素の密度を維持し、中心視力維持をサポートし、紫外線によって風景がぼやけて見える症状を予防します。

ただ、喫煙者はルテインの服用がむしろ健康を害することがあるので注意が必要です。アメリカのノースカロライナ大学研究によると、喫煙者がルテインに含まれているカロテノイド成分を1日摂取量以上服用した場合、肺がん発病率が高くなるとされています。

また、ルテインは脂溶性成分のため、飲食の脂肪と同時に吸収されるよう、朝食や夕食直後に飲むと体内に吸収されやすいです。

 

参考情報  -   ルテインの効能(リンク)

 

オメガ3は食事直後摂取、ビタミンEと同時に飲むと効果的

オメガ3は一般的にコレステロールと中性脂肪を下げ、血液循環改善をサポートする成分として知られていました。眼球乾燥症緩和にも効果的という事実がいろんな研究で立証されています。眼球乾燥症は目の炎症により発生しますが、オメガ3は炎症を抑制し、細胞膜の柔軟性を促進し眼球乾燥でよくある目の表面の傷を回復させます。また、涙の成分である油層の分泌を円滑にし、涙がすぐ蒸発することを防ぎます。

 

中年の方々の必須サプリメントとして人気のオメガ3は脂溶性成分であり、脂と接しているとき、体内に効果的に吸収されます。飲食の脂肪物質と同時に吸収されるよう、食事直後摂取することが推奨されています。また、オメガ3はは空気や熱によって酸敗されやすく、酸敗を防いでくれる抗酸化成分、ビタミンEと同時に摂取するとさらに効果的です。